結婚 費用のQ&A

実際にはどれぐらいかかる?

結婚の費用について決めておきべき事

結婚を考え始めた方がまず最初にしなければならないこと、それは結婚資金を貯めるということです。満足のいく結婚式をするのに、実際に費用がいくらぐらい必要なのか、そして結婚式以外にもどのくらい費用が必要なのか非常に気になるところです。

結婚資金の平均相場は結婚資金調査でみると都市部で400万円前後、全国平均で500万円以上にもなります。まず結婚式費用の方ですが、当然のことながら挙式の場所や披露宴の内容などによって大きく変わってきます。参考までに東京都内(山の手線内)で招待客100人での見積りを取ったところ300万円~450万円という概算になりその差150万円にもなりました。

このように結婚費用を考えるとき、結婚式場をどこにするかでもこれだけの大きな金額の違いが発生します。また、結婚式費用は親の援助があるからといっても、結婚後の生活資金のことも考えなければなりません。それから、結婚資金の割合は男性と女性で違うということも知っておいた方が良いでしょう。この男女比は地域や家庭によって違うので、相手方双方の意見を聞いて納得のいく形で決めることが望ましいと思います。

結婚資金の貯め方についてはその人によっての方法がいくつかありますが、会社員の方なら財形貯蓄がお勧めです、もしあなたの会社にない場合は銀行の定期貯金などを利用するという方法もあります。財形貯蓄が会社にない場合やや定期貯金が時間的に間に合わないようであれば結婚資金ローンを考えてみるというのも一つの選択肢だと思います。どちらにしても結婚資金を貯めるのは結婚を意識し始めた段階から余裕を持って貯金を始めるのがオススメです。そして結婚費用のうち結婚後の新生活に必要な費用はその地域によって住宅事情や敷金礼金の慣習などが異なりますので費用に差が出るところです。

結婚費用としての結婚資金貯蓄額の全国平均は新郎新婦合わせて約340万円だそうです。どちらにしても、新郎側、新婦側双方よく話し合い、計画性を持ってお互いが納得できように進めることが大事です。結婚するということはまさに最初の共同作業なのです。

■結婚したいなら!?↓をチェック!■
結婚相談所 東京

結婚費用 基礎知識

挙式準備

挙式

新婚旅行

新生活

Copyright (C) 結婚 費用のQ&A All Rights Reserved